エネルギー量

うす暗い場所では光量が足りなくてものが見辛くなりますが、更に瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが使われ、明るい場所で物を見るよりも疲労が大きいと言えます。
高齢の人や慢性的な病を患っている方は、とりわけ肺炎にかかりやすくて治療が長引くという傾向にあるため、予防の徹底や早めの受診が大切です。
基礎代謝(BM)とは人間が何もせずにじっとしていても消費してしまうエネルギー量であり、大半を身体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3種類で使うということはまだ広くは知られていません。
「いつも時間がない」「上っ面だけのいろんな人間関係がとても嫌だ」「テクノロジーや情報の著しい進化に追いつくのが大変」など、ストレスが蓄積される場面は一人一人違います。
ストレスがかかり、蓄積していくプロセスや、有用なストレス対処策など、ストレスに関して適切な知識を学んでいる人は、現時点ではさほど多くはありません。
トコトリエノールの作用は酸化を防ぐ効果が一際知られてはいますが、その他に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりするということが言われています。
酒類に含まれるアルコールを分解する働きのあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効きます。辛い宿酔の誘因物質とみられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも作用します。
「肝機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値によって判断できますが、特にここ2、3年肝臓の機能が低下している日本人が明らかに増加傾向にあるということが判明しています。
HIV(human immunodeficiency virus)を持った精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液等のあらゆる体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れることにより、感染する危険性が出てくるのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に働く特別な酵素や、細胞・組織の代謝機能に深く関わる酵素など、200種類以上も存在する酵素の構成要素として外せないミネラルだといわれています。
塩分や脂肪分の大量摂取は中止して自分に合う運動をおこなうだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない生活を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に防止する方法なのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短く、大気中に存在しているオゾン層でその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊してしまうなど、皮ふに悪い影響を与えます。
内臓脂肪症候群とは言われていなくても、内臓脂肪が多く付着するようなタイプの体重過多が確認されることによって、複数の生活習慣病を引き起こしやすくなります。
今、若年層で咳が続く結核(けっかく)に抗える免疫(抵抗力)を持たない人達が増加していることや、診断が遅れることが誘因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えているようです。
音楽の公演の開催される場所やダンス広場などに据えられている特大スピーカーの近くで爆音を浴びて耳が遠くなる症状を「急性音響性難聴」と呼んでいます。