症状

杉花粉が飛ぶ時に、子どもが平熱なのにしょっちゅうクシャミしたりずっと鼻水が出続けているような状態なら、残念ながら杉花粉症かもしれないのです。
下腹の疼痛を主訴とした病には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、子宮の病気等がみられます。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、不眠、憂うつ、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が現れるのです。
素人判断では骨折しているかどうか区別がつかない時は、疑わしい箇所の骨を弱い力で突いてみて、もしその位置に激しい痛みを感じたら骨折の可能性があります。
アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が満了してから1ヶ月後、製薬市場の約80%がジェネリックに変更されるという薬もあるというくらい、後発医薬品は先進国で採用されているのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失われてしまった後に発売されるもので、まったく同じ成分で金銭的な負担の小さい(クスリ代の高くない)後発医薬品のことを意味します。
今時の病院のオペ室には、洗面所や器械室、手術準備室を備えさせ、オペ中に撮影できるX線装置を備え付けるか、そうでなければ近辺にX線装置用の専門室を設置するのが常識となっている。
過飲過食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、人間関係などのストレス、老化など様々な素因が組み合わさると、インスリン分泌が減少したり、機能が落ちたりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。
通行中の衝突事故や建築現場での転落事故など、著しく大きな圧力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が発生したり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、更には内臓が破損することもよくあります。
PC使用時の青い光を和らげるレンズの付いたメガネがことさら人気を集める理由は、疲れ目の予防策に大勢の方が四苦八苦しているからだと思っています。
アルコールをクラッキングするという働きのあるナイアシンは、不快な宿酔に極めて有効です。辛い二日酔いの誘引物質であるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の分解に力を発揮しているのです。
急性中耳炎は、最もかかりやすい中耳炎で乳幼児によく発症する病気です。耐え難い耳痛や38℃以上の熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのありとあらゆる症状が出現するのです。
鍼灸用の針を痛みの発生源に刺す、という直接的な多数の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという通称の電気信号の化学伝達を招くと言われています。
肝臓を健康に維持するためには、肝臓の有害物質を分解する作用が衰えないようにすること、別言すると、肝臓を老けさせない対策を実践することが有効です。
男性だけにある内臓の前立腺はその成長や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が大変深く関連しており、前立腺の癌も同じように、アンドロゲンの影響で肥大化します。