飲用

突然発症する急性腸炎は、大半が腹痛・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが違いだといえます。
ハーバード大学医学校(HMS)の調査データによると、通常のコーヒーと比較して毎日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用することで、なんと直腸ガンの罹患リスクを約5割も減少させたという。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、膨大な研究によって、注射の予防効果が見込めるのは、注射した日のおよそ14日後から150日間ほどだろうということが判明しています。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種となるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種するという個別接種の扱いになりました。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素が強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)になっています。
お薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の物質を酵素で分解して無毒化する作用の事を解毒(げどく)と言い、肝臓の果たしている大事な職務の一つであることは間違いありません。
過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、心身両面のストレス、老化といった様々な因子が揃うと、インスリンの分泌量が減少したり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症すると考えられています。
パソコン画面の光のチラつきを和らげる効果のある専用眼鏡が非常に人気を博している理由は、疲れ目のケアに多くの人が惹かれているからです。
学校や幼稚園などの大勢での集団行動において、花粉症の症状が主因でクラスのみんなと同じように外で思う存分走り回ることができないのは、本人にとって寂しい事でしょう。
耳鳴りの種類には本人だけに感じられるというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように他の人にも品質の高いマイクロホンを利用すると感じられるような「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変動がなく、体重が食物摂取や排尿等により短時間で増減するケースでは、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が高くなるのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許切れの後に市場に出回る、等しい成分で負荷を少なく抑えられる(薬の代金が少額の)後発医薬品のことをいいます。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が原因で出る湿疹で、皮脂分泌の異常の素因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの崩れ、ビタミンBコンプレックスの慢性的な不足等が大きいと考えられているのです。
「肝機能の衰退」については、血液検査項目のASTやALT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値によってモニターできますが、近頃肝機能が衰えている人達が明らかに増加傾向にあるとの報告がありました。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通ならばヒトをがんにさせない働きをする物質を作り出すための型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって罹患する病気だと言われています。